New

コロラトゥーラ・ソプラノ岡﨑麻奈未のウィーンだより

#01 コロラトゥーラ・ソプラノ岡﨑麻奈未のウィーンだより

オペラ歌手の岡﨑 麻奈未さんから、ウィーンへ戻る前に東京でお話を頂きました。
第2回目以降ウィーンからお届けしますのでお楽しみに。

【パーソナリティ】
岡﨑麻奈未(オペラ歌手)

【ゲスト】
山内和也(株式会社SPプランニング 音楽プロデューサー)
【放送日】
  • 不定期

パーソナリティ

岡﨑 麻奈未(オペラ歌手)

国立音楽大学声楽科を卒業後、渡欧。 23歳でオペラ歌手としてオーストリアのウィーンの室内歌劇場にてデビュー。
その後、ドイツのケルン、バーデンバーデン、フライベルクなど多数の劇場とゲスト契約を結び活躍する。
今までに演じた主な役柄は《魔笛》の夜の女王を中心に《魔笛》の全ての女声パミーナ・パパゲーナ、第一侍女、《こうもり》のアデーレ、《ヘンゼルとグレーテル》の主役グレーテル、《シンデレラ》のクロリンダ、《白馬亭にて》の主役ヨーゼファ等、多彩な役を好演。
宮廷歌手ルートヒルデ・ベッシュ、宮廷歌手クリスタ・ルートヴィッヒ等の元で改めて声楽を学ぶ。
バッハ音楽のスペシャリスト、ヘルムート・リリングの指揮のもとバッハ・カンタータのソプラノソロを務め、ウィーンのシューベルト教会のミサでもソプラノソロを務める。
2013年はバイロイトワーグナー財団奨学生に選ばれる。フランス、ドイツ、オーストリア、チェコ、日本等、世界中でリサイタルを開催。
2016年に東京芸術劇場大ホールにて濱一指揮のもと、日本初演となるグリエール作曲《コロラトゥーラソプラノのための協奏曲》を熱演。
2017年にウィーン少年合唱団とも共演した。
2018年ウィーン国立歌劇場にて第九のソプラノソリストに抜擢され、ウィーンの宮廷歌手たちと共演を果たした。
ウィーンリート・オペレッタコンクール1位(オーストリア)を受賞したことにより、 日本人として初のウィーンリート歌手としてウィーンのメディアに注目された。
2019年1月にヤクプ・カヴィンと共にウィーン市6区にて自分自身の劇場をオープンさせた。 現代芸術をテーマに新たな芸術を作り上げている。
最初の作品《アンシュトース》ではウィーン市の芸術委員に認められネストロイ賞にノミネートされた。

ホームページ

エピソード一覧