はるひ Meets World!

#04はるひ、美の秘訣を教えてもらう。【前編】

世界的なピアニスト佐藤はるひさんと、C&R社のプロデューサー加藤寛之さんをパーソナリティーとして、様々な業界のゲストの気になる私生活や業界の舞台裏を紹介していきます。

ゲストにベストオブミスの受賞者、難波遥さん・大泉百華さんのお二人をお迎えしミスコンテストの舞台裏について聞いていきます。
はるひダメキャラ脱却?!美のアスリートと呼ばれる彼女達から学ぶ、美しく生きるヒントとは?

【パーソナリティ】
佐藤 はるひ(ピアニスト) 
加藤 寛之(株式会社クリーク・アンド・リバー社 OI事業部 プロデューサー)

【ゲスト】
ベストオブミス
難波 遥さん(2020ミスユニバーシティジャパングランプリ)
大泉 百華さん(2021ミスグランドジャパン茨城代表)
【放送日】
  • 金曜

パーソナリティ

佐藤 はるひ(ピアニスト)

ドイツ国立ヴュルツブルク音楽大学・大学院 を審査員満場一致の最高点を得て首席で卒業。 ドイツ国家演奏家資格(マイスター)を取得。 ドイツ国立ヴュルツブルク音楽大学ピアノ科講師を務める。ドイツバイエルン州より日本人初の《バイエルン文化賞》を受賞。日本・欧州でのコンサート活動の他、ブロード ウェイミュージカルスターとの共演や、音楽朗読劇「ヘブンズレコード~青空 篇」(神戸新聞社主催)全13公演にソリストとして出演し注目を浴びる。 ブロードウェイの作曲家フランク・ワイルドホーン日米韓スペシャルコンサート(オーチャードホール)にて、日本の音楽担当及び歌唱指導を務める。
その他CMや世界的ミスコンテストの音楽を担当するなど作曲家としても幅広く活躍している。ブラームス『Liebeslieder Waltzer』をユニバーサル ミュージックよりリリース。

加藤 寛之(株式会社クリーク・アンド・リバー社 OI事業部 プロデューサー)

2014年に株式会社クリーク・アンド・リバー社に入社。
コピーライターとしてキャリアを積んだ後、2017年にプロデューサーへ転身。
2018~2019年度に関東経済産業局の案件として実施した、クリエイターを活用した中小企業支援事業のプロデューサーを担当。
また、2019年度~2021年度に福島県庁・青森県庁からの採択を受け、デザイン思考を活用した中小企業の新製品開発支援事業、知財活用の導入支援事業を担当し、さまざまな製品のプロデュースに携わる。
元コピーライター・クリエイターという背景を活かし、既存の枠組みやジャンルにとらわれない幅広いプロデュース案件を手掛けて いる。
2021年より爆笑問題が所属する株式会社タイタン運営のコミュニケーションカレッジ&お笑い養成所「タイタンの学校」の芸人・一般コース、カルチャーコースの講師に就任。

ゲスト

難波 遥

2020ミスユニバーシティー日本大会グランプリ
現在は株式会社Hands UPの代表取締役としてSDGs教育を様々な形で提供している。またベストオブティ―ンという全国の高校生を対象にしたミクスコンテストにて総合企画プロデューサーとして大会運営に参画し、次世代の世界で活躍するリーダーの創造にも力を入れている。

大泉 百華

2021ミスグランドジャパン茨城代表
株式会社Enbloomの代表取締役
「すべての女性が自分らしく輝ける社会の創造」をビジョンに掲げベストオブミス茨城大会の運営とフェムケア事業を行っている。
ベストオブミスを通して自らが得た知識や経験を過去の栄光で終わらせず次世代に繋げていきたいという想いから、社会で活躍する女性リーダーを育成、輩出している。
また、女性ならではの美や健康の悩みに寄り添い、新しいライフスタイルの提案をすることで社会で活躍する女性を多方面から応援する活動をしている。

エピソード一覧